浮牛城まつり 広報 其之四

平成25年7月26日発行

平成25年 第7回 浮牛城まつり 平成25年8月16日(金)開催

浮牛城まつり 広報 其之四

第30回口内町 民俗芸能発表会 招待芸能
軽石薩摩奴踊(かるいしさつまやっこおどり)についてご紹介

 第7回浮牛城まつりのイベントの一つに、「口内町民俗芸能発表会」があります。

 この民俗芸能発表会は、浮牛城まつりが始まる以前からお盆に開催されている伝統あるもので、今年で30回を迎えます。そこで30回を記念し、町外より民俗芸能団体をお招きし、皆様に楽しんでいただこうと招待芸能を企画いたしました。

 今回民俗芸能発表会にご出演いただく団体は、岩手県奥州市江刺区広瀬に受け継がれている郷土芸能「軽石薩摩奴踊」です。

 軽石薩摩奴踊は一九一〇(明治43)年に旧江刺郡福岡村草刈場(現在の口内町)から伝わった芸能で、道中かさをかぶり、槍を持つ踊り手と、裃はかまを着た歌い手、太鼓打ちで構成されます。また、奴踊は「サムライ奴」とも呼ばれ、大小の刀を差し、武骨単純素朴に踊り、歌詞と節まわしが特徴的な小太鼓だけで踊る芸能です。

 なお、当口内町にも「口内薩摩奴踊」がありますが、まつり当日は2つの奴踊の違いを見比べるとともに、その共演もお楽しみください。

軽石薩摩奴踊についてご紹介

 さらに当日は、埼玉県の獨協(どっきょう)大学国際教養学部言語文化学科の飯島一彦教授が会場へ駆けつけてくださいます。飯島教授は、二〇〇二年よりゼミの夏合宿として学生を連れて広瀬地区に一週間ほど滞在し、郷土芸能を学ぶといった地域文化研究を続けており、軽石薩摩奴踊とも深く交流があります。

 皆様ぜひ会場へ足をお運びください。お待ちしております。

最後のお願い! おまつり歌合戦出場者求む!

最後のお願い! おまつり歌合戦出場者求む!

出場グループがまだまだ足りません。

皆様ぜひご協力をお願いします。

出場したいけれどグループが組めないとお悩みの方はご相談下さい。

ご参加・ご協力 ありがとうございます

浮牛城まつりも近づき、活動も活発になってきています。

今回写真で紹介した以外にも、大名行列用腰ひもや脚絆の製作、破れた衣装の修復、町外へのまつりチラシの配布や宣伝など、様々な場面での皆様のご協力に感謝申し上げます。

衣装着付け練習 7月13日
衣装着付け練習 7月13日
センター前にPR看板設置
センター前にPR看板設置
交通規制予告看板設置 7月20日
交通規制予告看板設置 7月20日
のぼり旗の設置作業 7月20日
のぼり旗の設置作業 7月20日
大名行列練習始まる 7月12日、19日
大名行列練習始まる 7月12日、19日

実行委員会より 大名行列「姫役」「腰元役」について

 前回のまつり号外で発表した大名行列「姫役」の審査結果について、なぜ名前が出ていないのかという指摘がありましたので説明いたします。

 審査の結果、姫役に決まった方は中学生ということで、事前に名前が公表された場合、周囲からの期待や同級生からの冷やかしがあった場合、本人にとってプレッシャーになるのではないかと実行委員会で判断したためです。

 趣旨を御理解のうえ、当日まで楽しみにお待ちください。本人も姫役を楽しみにしています。