口内地区交流センターだより「浮牛城」

No.27-23 平成28年3月11日発行

わくわくドキドキがおもしろい! 絵本の読み聞かせ講座

絵本読み聞かせの様子3月3日(木)、口内小の読書ボランティアの方々などを対象にした絵本読み聞かせ講座が、新渡戸にとべ智子ともこさん(胆江ゆめネットワーク実行委員長・親子ライブラリー絵本の森代表)を講師に開催されました。

この日は、口内小が行なっている習熟タイムの読書の日の最終日。1学年を対象に講師による読み聞かせを見学しました。講師は本を読む前に小道具をつかって自己紹介をしたり、手品で子供たちを注目させ、子供たちがリクエストをした「だるまさんが」という絵本を読み始めると…「だ・る・ま・さ・ん・が~」と子供たちの大きな声が。そしてページをめくった瞬間、だるまさんの表情を見て大笑い。子供たちも参加者もみんな笑顔になっていました。

そのあと2冊の絵本を読み終えると子供たちから感謝を込めて講師には花束を、読書ボランティアの皆さんには感謝状としおりが贈られました。

その後、第2部として読み聞かせが子供にとってなぜ大切なのか、またどのような効果があるのかについて学びました。参加者は、講師の長年にわたる経験談などをうなずきながら熱心に聞いていました。

読み聞かせは小学校高学年や中・高生にとってもいいこと。年齢よりやさしい(簡単な)もので良いと講師よりアドバイスがありました。家庭でもぜひ読み聞かせをやってみてはいかがでしょうか。

《講師のお話から》

  • 子供とのコミュニケーションが大切で親子の絆が増す。
  • お父さん・お母さんや家の人の声を聞くと安心して心が安定する。
  • 気に入った言葉や絵がある本は何回もねだり本が好きになる。(楽しい)
  • 昔話は生きていくための知恵があり、生きるエネルギーとなる。
  • 本は日常にないことを体験できる(想像力・好奇心が育つ)
  • 言葉は耳で覚える。読み聞かせによってたくさん言葉を吸収できる。
  • 読み聞かせは耳が育つ。人の話を聞くことができるようになる。
  • 子供は頭ではなく体で感じ、わくわくドキドキして本が好きになる。
  • 1日1冊3分位でもいいから読み聞かせをして喜びや楽しさ、幸せ感を共有する。(自己肯定感を持つ)

口内小読書ボランティアさんの活動を紹介します

ボランティアの方々《人 数》

 現在は9名で活動している

《実施日》

 長期休みを除く毎週木曜日(昼休み後の15分間)

《読み聞かせ対象》

 1年生が中心ですが全学年対象

《活動内容》

 ・読み聞かせ
 ・蔵書点検の手伝い
 ・研修会等の開催
 ・研修会等への参加 など

子供たちからの感謝状としおり

ボランティアの皆さんは、大切な口内っ子が笑顔で健やかに成長してほしいと願い活動しています。

いつもお忙しい中を本当にありがとうございます。

読み聞かせの仲間を募集しています。

(町民の方どなたでも)

ご協力いただける方は、口内地区交流センターまでご連絡をお願い します。

電話(69)2001 昆野まで

いざというときのために!救命講習会

救命講習会の様子平成28年3月5日(土)、自治協健康福祉部主催で「救命講習会」が開催されました。

最初にDVDで実際に救命措置を行った人の話や、心肺蘇生法についての簡単な説明を視聴し、実技に入りました。

119番通報をしてから救急車が到着するまでの約8分の間、救命措置をした場合の生存率は何もしていない場合の2倍になるそうです。では具体的にどんな救命措置があるかということで、胸骨圧迫、人工呼吸、AED使用等を教えていただきました。胸骨圧迫の回数の目安は、1分間に100回のテンポで30回です。胸骨圧迫→人工呼吸→胸骨圧迫といった順番で行いますが、人工呼吸は感染症の可能性もあるため、できない場合は無理をせず、とにかく継続的な胸骨圧迫が重要とのこと。受講生全員で数えながら練習を行いました。

AEDの使用法の際には、初めて使う方もいたため、一人一人丁寧な指導がありました。説明を受けてから実際にやってみると、焦りからか電源の入れ忘れやコードの差し忘れといった細かいミスが出ることが多く、やはり救命講習会等で使い方の流れを知っておくことは重要だと感じました。

この救命講習会は毎年開催しますので、受けたことがある方でも、手順を忘れないためにぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

6区に軍配あがる!町卓球大会

勝利の笑顔でハイチーズ!

スポーツ振興部の今年度最後の事業である口内町卓球大会が2月28日(日)、口内小学校で行われました。

今回は急きょ8区が棄権となったため、8地区での対戦となりました。4チームずつのリーグ戦(予選)を行い、各リーグの同順位同士で対戦し順位を決めました。決勝戦は5区対6区。共に優勝目指し熱戦が繰り広げられた結果3対2で6区が勝ち優勝しました。

卓球は年齢問わず楽しめるスポーツ。年齢だけでは勝負の行方は分かりません。口内の大会ルールはチーム構成として年齢制限はありますが出場する種目とダブルスの相手については自由なので幅広い年齢層での勝負となります。この日は123人の参加のもと行われましたが、卓球を通じて世代間交流ができたすばらしい大会となったようです。選手の皆さん、応援団の皆さんお疲れ様でした。

大会結果は次のとおりです。

《大会結果》

 優勝/6区  第2位/5区  第3位/9区  第4位/1区  第5位/2区

 第6位/3区  第7位/7区  第8位/4区

「明神岳の景観を復活させる」プロジェクト開始

伐採作業中の様子

伐採作業中の様子

山頂から見た眺望

今回の伐採後、山頂から見た眺望

口内町自治協議会では現在、明神岳の整備を行っております。

これは、平成27年度北上市きらめく地域づくり交付金事業を活用し実施しているもので、誇るべき地域財産を整備し発信することで多くの人がこの場所を訪れ地域活性化となることを目指しております。

今回、明神岳山頂にある市所有の山林を借用し、一部樹木の伐採を行い眺望の確保を行います。さらに、登山道も歩きやすいように手をかけます。

先日実施された作業では町民のべ21名が参加し下刈りや伐採作業を行い、山頂からは金ヶ崎町や奥州市方面のの視界が広く開けました。

ぜーんぶまとめて 祝っちゃおう まつり

卒業、進級、就職おめでとう!

日時
平成28年3月19日(土)13:00~
場所
くちないイベント広場
対象者
町民ならどなたでも参加できます。
参加費
高校生以下500円、大人1,000円
申込
参加希望者は、3月15日(火)までに口内地区交流センター(TEL 69-2001)へご連絡ください。
◆浮牛城跡をみんなの場所にしよう!
みんなでドウダンツツジを植えよう!
◆ゲルってどんなもの?
ゲルの仕組みの勉強とシートの張り替え体験ができます。
◆口内小チーム優勝記念! ドッヂビー大会in口内
みんなでドッヂビーをしよう!
◆みんなまとめてバーベキューで祝っちゃおう!
体を動かした後はみんなでバーベキュー
◆春の夜空に何が見える?
静かな空気の中、空を見上げて星空観察をして見よう!

自治協スポーツ振興部からのお知らせ 駅伝出場者を募集します!

駅伝のイメージ第26回北上市民体育大会地区対抗駅伝競走大会が北上総合運動公園陸上競技場周回コースにて開催されます。41.7㎞ のコースを5月の爽やかな風に吹かれタスキをつなぎませんか。

期日
平成28年5月1日(日)
距離
小学生/1.6㎞  中学生男子/3.0㎞  中学生以上女子/3.0㎞
50歳以上/3.0㎞  一般(高校生以上)/5.9㎞
申込
出場ご希望の方は3月31日(木)までに口内地区交流センターへご連絡をお願いします。(TEL 69-2001 菅野まで)

鍵かけてますか? ~ 防犯協会口内支部 ~

施錠イメージ平成27年の岩手県住宅侵入犯罪の無施錠被害率は、平成24年に引き続き全国ワースト1になりました。北上市での住宅対象侵入窃盗件数は県内ワースト1(北上市28件、盛岡市22件)です。被害の多くは無施錠が原因です。

窃盗被害は玄関以外にも窓や勝手口など侵入口はいろいろです。被害を防ぐためにも家族みんなで防犯について話し合い、鍵かけの習慣をつけましょう。

ひなまつりのおはなし

雛人形3月3日はひなまつり。先日、町内のあるお宅の雛人形を見せていただきました。そのお宅の座敷にはふたつの雛壇があり、ひとつは昔からその家に伝わる古い雛人形。もう一つは、娘さんが生まれた時に用意したとのこと。1年に1度飾られる人形は凛とした表情をしてとてもうれしそうに見えました。町内でも女の子の健やかな成長を願ってお祝いしたご家庭も多かったのではないでしょうか。

ひな祭りのルーツは古代中国といわれています。中国では季節の変わり目には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられ、けがれをはらうための儀式だったそうです。雛人形これがやがて日本に伝えられ、禊(みそぎ)の神事と結びつきました。平安時代には宮中行事として川のほとりで災いを祓う「曲水の宴」を催したり、草木や紙などでかたどった 人形ひとがたで自分の体をなでて穢れを移し、川や海に流す儀式が行われるようになりました。現在も日本の各地で行われている「流し雛」はこの名残といわれています。

各地にはいろいろな風習があると思いますが、その由来を知ることでそれが趣き深い行事になるのではないでしょうか。

口内駐在所からのお知らせ

子供の安全対策の推進 ~進学・進級時における少年非行・犯罪被害防止~

◆声掛け事案は 犯罪の前ぶれ
下校時間帯の通学路で発生しており、誘拐等の凶悪事件への発展が心配されます。
不審者情報を知ろう
岩手県警のウェブページで県内で発生した不審者情報を確認できます。
※ 岩手県警察で検索してアクセスできます。
◆犯罪に遭わないための合言葉「いかのおすし
いかのおすし
・知らない人について「いか」ない
・知らない人の車に「」らない
・「」おごえを出す
・「」ぐにげる
・何かあったらすぐに「」らせる
環境が変わる時期は注意が必要
卒業や進学期は、環境の変化の影響を受け、気持ちが不安定になりやすいため、思わぬトラブル等に巻き込まれないように注意が必要です。
夜遊び等が非行の入り口、トラブルの元です。
夜間の外出は、非行行為に走ったり、犯罪や交通事故に遭う危険があります。 行き先や帰宅時間等の確認をしましょう!
安全なインターネット環境
興味本位でアクセスし、犯罪被害等に遭う事案が後を絶ちません。 フィルタリング等の対策、家族でのルールを決める等、インターネット環境を整えましょう。

☆少年相談の窓口
・少年サポートセンター 019-651-7867
・県南サポートセンター 0197-65-2400
・県警少年課ホームページでも相談できます。

2月の町内飲酒運転検挙者数

飲酒運転撲滅イメージ

口内の世帯数と人口

2月29日現在 世帯 人口
2016年 580 1,619 789 830
2011年 555 1,743 852 891

これからの行事予定

曜日 行事等 時間 場所
16 自治協生活環境部会議 18:30 ~ 口内地区交流センター
17 サークルアップル ヨーガ教室 19:00 ~ 口内地区交流センター
自治協総務部会 19:00 ~ 口内地区交流センター
19 保健推進員会議 10:00 ~ 口内地区交流センター
ぜーんぶまとめて祝っちゃおうまつり 13:00 ~ くちないイベント広場
22 稲作指導会 15:00 ~ 口内地区交流センター
23 口内傘復活研究講座 13:30 ~ 口内地区交流センター
24 サークルアップル ヨーガ教室 19:00 ~ 口内地区交流センター
25 ゴールドバニーの会 大正琴教室 10:00 ~ 口内地区交流センター
27 北上市議会議員選挙  7:00 ~ 各投票所
29 浮牛城まつり実行委員会 19:00 ~ 口内地区交流センター
30 自治協理事会 19:00 ~ 口内地区交流センター
31 サークルアップル ヨーガ教室 19:00 ~ 口内地区交流センター